多摩川精機株式会社


  1. arrow 日本語
  2. arrow English
  3. arrow サイトマップ
  4. arrow 企業サイト
  5. arrow 会社案内

技術情報

ジャイロセンサについて

ジャイロセンサとは?

  • ジャイロセンサとは、時間あたりの角度の変化量= 角速度 を検出する道具です。
  • 他の呼称として、Gyroscope とか、(Angular) Rate Sensor とも言われます。代表的な精度指標は、○度/時間 (例 °/sec,°/h)で示します。
  • 角速度出力を、時間で積分することで、角度に換算することができます。
ジャイロセンサとは?

ジャイロの種類

ジャイロの種類

ジャイロの種類と原理

MEMSジャイロの原理

原理 「速度を持った質量に角速度が加わると、速度方向と回転軸の両方に直交する方向にコリオリ力が生じる」という原理を使用します。

当社MEMSジャイロは音さ型の素子を振動させて、回転運動により加わるコリオリ力により振動モードが変化することで発生した電気をセンサ素子上に配置された電極で検出します。

MEMSジャイロの原理

FOG(光ファイバージャイロ)の原理 ※Fiber Optic Gyroscope

原理 位相の揃った光を、センシングコイルに右回りと左回りに走らせて干渉させる。角速度がセンシング部に加わると、サニャック効果により両回り光に位相差が発生し、干渉パワーが変動する。これを検出して出力する。
FOG(光ファイバージャイロ)の原理 ※Fiber Optic Gyroscope

RLG(リングレーザージャイロ)の原理 ※Ring laser gyroscope

原理 ガラス細管と低損失ミラーでリング型光共振器を構成し、その中でHe-Ne媒質を放電させると左右両周り(CW,CCW)のレーザ光が発生する。角速度が加わると、サニャック効果によりCW,CCW光間に周波数差が生じる。CW,CCW光をプリズムで干渉させ、干渉縞の本数をカウントして角度情報を読み取る。
RLG(リングレーザージャイロ)の原理 ※Ring laser gyroscope