お問合せは
こちら

MOVIES

MULTI SENSOR 紹介映像

自動運転・自律航法向け慣性計測装置 IMUについてご紹介します。

光ファイバジャイロMUMSジャイロを組み合わせて、自動運転に必要とされる精度を実現したIMU
方位角精度 0.1/h、姿勢角精度 0.1°、コストと精度を両立させた製品です。自己位置推定計測結果などを映像でご紹介しています。

干渉型光ファイバジャイロ(i-FOG) 紹介映像

0.1°/hクラスの高精度と低価格を両立した新製品「干渉型光ファイバジャイロ(i-FOG)」の特徴をデモを通してご紹介します。

●真北検知デモ
i-FOGは地球の自転のように”ゆっくりとした動き”も検出でき、方位計としても使用できます。
●自己位置推定デモ
i-FOGが出力する「角速度」から「方位」を、自動車の「車速」から「距離」を算出して、位置情報をプロットしたデモの様子をご覧ください。

多摩川精機 ジャイロ事業

多摩川精機のMEMS IMU(慣性計測センサユニット)の用途は、車両の自動運転、ショベルカーなど建設機械の傾斜計測、無人の農業機械の遠隔操作、ドローン、無人搬送車、警備ロボットなど、ジャンルを問わず広がっています。当社のジャイロ開発の歴史、最新の生産工場と合わせご紹介します。

3軸6自由度振動台デモンストレーション映像

6自由度振動台でIMU(慣性計測装置)を評価したい方におすすめ! 装置のご紹介、IMUで取得した走行テストの再現試験の様子もご覧いただけます。

取り出しロボット制振制御デモンストレーション

射出成型機の成形品を金型から取り出すロボットで、アームの振動をIMU(慣性計測装置)を使って制御するデモンストレーションです。

Iotを支える多摩川精機のセンサ

「モノ」自体の状態や周辺環境をセンシングして、数値化した情報を通信するIoTの世界において、当社の各種センサ(MEMSジャイロ等)技術が支えています。
当ムービーでは取り出しロボットを事例にどこでどのように当社製品が活躍しているかをご紹介します。

TAG264シリーズ 紹介ムービー

MEMSジャイロ加速度計 各3軸と、最新のGPS(GNSS)を搭載し、高度なアルゴリズムを投入した新製品 「TAG264」 シリーズ。
製品特徴・概要の他、GPS(GNSS)信号が遮断されるトンネル内を走行した際の複合航法(GNSS/INS慣性航法)の実走試験のデモをご紹介します。

多摩川精機八戸第二工場 ジャイロの展示コーナー 紹介映像

ジャイロ事業について、第二次世界大戦中から現在に至るまでを、製品・搭載例の模型・年表でご紹介します。